ハイボール小雪ドットコム

田舎でのんびり暮らすブログ

大分県に住む27歳がのんびりライフをお届け

【昭和の町】大分豊後高田市、レトロな町並みを画像、写真付きで紹介

 

 

f:id:highball_koyuki:20161219115608j:plain

 

 

僕が住んでいる大分県には、「昭和の町」という観光スポットがあります。

 

名前の通り、昭和が漂い、レトロな町並みと共に温かな空間が広がっています。 

 

今回の記事はその「昭和の町」を写真付きで紹介していきます。

 

昭和の町とは

 

大分県豊後高田市の中心部に“昭和の町“という商店街があります。

観光客がじわじわと増えている穴場の観光スポットです。

 

昭和30年代の懐かしいレトロな町並みを再現しています。

 

f:id:highball_koyuki:20161219120746j:plain

 

f:id:highball_koyuki:20161026234436j:plain

 

 

昭和の町へ足を一歩踏み入れば、そこでは昭和情緒あふれる世界が広がっています。

 

僕は平成生まれですが、なぜか温かく懐かしい気分になりました。不思議な場所です。

 

ちなみに若いカップルも多く見かけました。デートスポットにも適しているかも…

 

f:id:highball_koyuki:20161026234917j:plain

 

f:id:highball_koyuki:20161026234736j:plain

 

 

昭和の町、誕生ヒストリー

 

しかし、近年まではさびれた通りとなっていました。当時の状況は、犬と猫しか通らなかったといいます。 

 

その原因はやはり、大型商業施設の郊外への出店(ショッピングセンターが近くにできた)、さらに人口の過疎化でしょう。

 

人口減少とお客さんを大手ショッピングセンターに取られ、ダブルパンチを受けてしまったのです。

 

 

この状況をなんとかして打開しようと、商店街メンバーが立ち上がりました。

 

2001年頃から、昭和30年代の町並みをイメージした昭和情緒あふれる空間が広がっていったのです。

 

 

昭和の町にはどんなものがあるの?

 

さまざまな面白いお店や展示品があります。その一部を紹介します。 

 

 

駄菓子屋には、あたり前田のクラッカーボタンアメなどが置いてありました。(下の写真の人形はマジンガーZかな?)

f:id:highball_koyuki:20161219122321j:plain

 

 

あげパンなどの学校給食を提供しているお店があります。脱脂粉乳も飲めるそうです。

f:id:highball_koyuki:20161026234404j:plain

 

 

昭和の展示物がいたるところに飾られています。

f:id:highball_koyuki:20161027001521j:plain

 

 

こんなものも展示していました(笑)

f:id:highball_koyuki:20170205230606j:plain

 

 

ご覧頂いた通り、商店街全体が昭和をイメージして作られています。

古きよき時代の面影を堪能できますよ。

 

 

昭和の町、観光スポットへ成長

 

今では年間約40万人の観光客が訪れる観光スポットに成長し、メディアにも何度も取り上げられています。

 

会話の少ない熟年夫婦もここに来ればあの頃を思い出し、会話が弾むかもしれません。 

 

f:id:highball_koyuki:20161027000550j:plain

 

f:id:highball_koyuki:20161027001724j:plain

 

f:id:highball_koyuki:20161027000836j:plain

 

f:id:highball_koyuki:20161027002532j:plain

 

 

また、土日を中心にボンネットバスが商店街を周遊しています。

周遊するコースは約15分。(※乗車は無料です)

レトロな昭和の町並みを窓から眺めることができます。

 

f:id:highball_koyuki:20161027001212j:plain

 

f:id:highball_koyuki:20161027001242j:plain

 

 

以上。

大分県豊後高田市にある「昭和の町」を紹介しました。

 

昭和の町並みをゆったり、のんびりと歩き、レトロな雰囲気に酔いしれてみませんか。

大分県豊後高田市に訪れた際には、ぜひお立ち寄りください。

 

大分県豊後高田市 「昭和の町」への交通アクセス

 

■電車の場合

JR九州日豊本線「宇佐駅」下車:そこからバスまたはタクシーで約10分で到着。

■車の場合

国道10号線→宇佐市岩崎交差点→国道213号線に入り約10分で到着。

※駐車場あります。1回の駐車につき300円。(30分以内は無料)。

 

 

 

 今回の記事はいかがでしたか

f:id:highball_koyuki:20161228125234j:plain

 

毎日ブログを更新しています。

読者登録してもらうと更新の励みになりますのでよろしくお願いします。

 

 

 

【関連記事】「昭和の町」がある大分県内には、黒田官兵衛が初代城主を務めた「中津城」があります。

www.highball-koyuki.com