ハイボール小雪ドットコム

田舎でのんびり暮らすブログ

のんびりいこうや

相撲の神様と呼ばれた最強の大横綱 双葉山定次

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、ハイボール小雪です

 

今日は、昭和の大横綱『双葉山(ふたばやま)』について書きます。

私が住んでいる場所の近くに双葉山の記念館「双葉の里」という場所があるので行ってきました。(大分県宇佐市にて)

 

f:id:highball_koyuki:20161220115327j:plain

 

双葉山は、相撲界でいまだに破られていない不滅の69連勝を成し遂げました。

連勝記録第1位の昭和の大横綱です。

 

ちなみに連勝記録が2位の白鵬(はくほう)は63連勝。

双葉山の69連勝はいかに偉大な記録かが分かります。

 

 

 

 まずは、簡単に双葉山のプロフィールを紹介。

 プロフィール

 

f:id:highball_koyuki:20161220124655j:plain

 

第三五代横綱。大分県生まれ。本名、穐吉(あきよし)定次。六九連勝・全勝優勝連続五場所・幕内優勝一二回などを記録。年寄名は時津風。日本相撲協会理事長を務めた。

出典:松村明.“双葉山“.大辞林、第8版改訂版、株式会社三省堂、1989、p.2120

 

本  名/穐吉定次(あきよしさだじ)

四  股  名/双葉山 定次

生年月日/1912年(明治45年)2月9日

没年月日/1968年(昭和43年)12月16日(満56歳)

身  長/179cm

体  重/128kg

生涯戦歴/348勝116敗1分33休

愛  称/不世出の横綱 相撲の神様 昭和の角聖

 

f:id:highball_koyuki:20161220131514j:plain

 

 

3年間負けなし、前人未到の69連勝を達成 

f:id:highball_koyuki:20161220130826j:plain

 

昭和11年春場所7日目から白星街道を突き進み、迎えた昭和14年春場所3日目まで3年間負けなしで、前人未到の69連勝を達成しました。

 

双葉山の連勝がストップした日は、号外が配られ日本中がこの話題で持ちきりになった、とも言われています。

しかし、この号外は今では現存していません。国立図書館にも置いていないそうです。

戦争中に焼けてしまったという説がありますが、もし現存するなら見てみたいものであります。

 

f:id:highball_koyuki:20161220131111j:plain

 

 

69連勝を達成した双葉山の偉業を称えて、双葉の里には、石碑が建立されています。

大きな石碑で、迫力がありました。

 

f:id:highball_koyuki:20161220134530j:plain

 

 

 双葉山の名言集

 

双葉山は多くの名言を残しています。

その一部を紹介。

 

■「勝負師は寡黙であれ」

f:id:highball_koyuki:20161220135231j:plain

 

 

■「稽古は本場所のごとく、本場所は稽古のごとく」

f:id:highball_koyuki:20161220140454j:plain

 

■「心・気・体」

f:id:highball_koyuki:20161220140622j:plain

 

 

縁起の良い手形

 

最後に縁起の良い双葉山の手形を紹介します。

f:id:highball_koyuki:20161220141758j:plain

 

 

双葉山の手形に自分の手を合わせてパワーを貰うひとも多いそうです。

それでは、私もさっそく・・・

f:id:highball_koyuki:20161220142008j:plain

 

パワーが注入されたような気がします。

それにしても、意外と双葉山の手形は小さかったです。

この手で69連勝を達成した双葉山。

相撲は体の大きさだけでは勝てない、双葉山の名言の一つ『心・気・体』が揃って勝てるのかなと、改めて思いました。

 

 

以上、双葉山を紹介しました。

大分県宇佐市に訪れたら、双葉の里は一見の価値ありです。 

 

「大分県宇佐市 双葉の里」への交通アクセス

 

■JR日豊本線・天津駅より車で5分(徒歩15分)

 

 

 今回の記事はいかがでしたか

f:id:highball_koyuki:20161228125804j:plain


毎日ブログを更新しています。

読者登録してもらうと更新の励みになりますのでよろしくお願いします。