ハイボール小雪ドットコム

銀行預金は安全なのか。不正送金や破綻について

 

 

 

『銀行預金の安全性の話』 

 

f:id:highball_koyuki:20171201144831j:plain

 

 

 

「お父様、ネット銀行に10万円預けてみようかと考えています」その旨を父に伝えてみると…

 

 

ちゃんとしたとこに預けといたほうがいい

 

  

とのこと。

確かに不正送金されたら面倒くさそうだ…。僕はパスワードの使い回しもしているし。被害は十分にありえます。

 

不正送金されたらどうなるんだろう?

 

個人のお客さまがインターネットバンキングによる不正な払戻し被害に遭われた場合には、預金者保護法および全国銀行協会の申し合わせにしたがい、当行に過失がない場合でも、お客さまご自身の責任によらずに遭われた被害につきましては、当行所定の手続きに基づき補償を行ないます。

引用:楽天銀行

 

ざっくり説明すると、不正送金に遭ったら

 

すぐに全国銀行協会へ連絡すべし!

万が一、被害に遭った本人に過失があれば全額は補償されないかもよ!

 

 

けっこう面倒なことになる…。不正送金に遭わないためにも定期的にパスワードの変更はしておいたほうが良いです。

 

 

 

不正送金の次に心配なのが・・・

  

銀行が破綻した場合

 

www.rakuten-bank.co.jp

 

 

銀行が破綻しても、預けているお金を保障してくれる制度がちゃんとありました。

預金保険制度。

 

 

合算して元本1,000万円までとその利息等を保護

1,000万円を超える部分は、破たん金融機関の財産の状況に応じて支払われます。

引用:楽天銀行

 

 

とりあえず1000万円ぐらいまでは預けておいても大丈夫らしい・・・

なお、外貨預金は保険の対象外。

 

普通か定期に、僕の10万円を銀行預金しても問題ないはず!

 

 

でも、本当に銀行預金は守られるのか。ニュースを見ても銀行が破綻したなんてこと聞いたことないぞ。預金保険制度は預金者を安心させるための看板みたいなものなんじゃないか。疑心暗鬼になってきた。石橋を叩くつもりで深く調べておこう。

 

 

銀行が破綻したときの実例

 

日本振興銀行は2010年9月10日に経営破綻しました。

 

www.nikkei.com 

 

自見庄三郎金融相は預金を一定額までしか保護しないを初めて発動すると表明。週明け以降に1預金者あたり「元本1000万円とその利息」まで預金の払い戻しに応じる一方、これを超える部分は支払額が一部カットされる見通しだ。

引用:日本経済新聞

 

 

預金保険制度、ペイオフとも言うのかな。 

ちゃんと元本1000万円とその利息は保護されました! 

 

 

これで一安心。

不正送金さえ気をつけていれば、僕の10万円は安全資産ですわ。高金利で預けておいて細々と暮らしていきます♪

 

 

以上。 

『銀行預金は安全なのか。不正送金や破綻について』を最後までお読みいただきありがとうございました。読者登録嬉しいです。