田舎でのんびり暮らすブログ)

田舎でのんびり暮らすブログ

大分県に住む28歳がのんびりライフをお届け

読書をこよなく愛する人がおすすめする、最近話題になった本ベスト5

スポンサーリンク

 

f:id:highball_koyuki:20180624223144j:plain

 

 

 (2018年6月24日 リライト)

 

こんにちは、ハイボール小雪です。

 

今回はタイトルの通り、最近話題になった面白い本ベスト5を紹介します。

 

大前提として、

僕が実際に読んで面白いと思った作品のみを紹介します。

 

この記事でお気に入りの本が見つかると嬉しいです。

 

 

火花/又吉直樹

f:id:highball_koyuki:20161229130118j:plain

 

売れない芸人・徳永は、熱海の花火大会で、先輩芸人・神谷と電撃的な出会いを果たす。徳永は神谷の弟子になることを志願すると、「俺の伝記を書く」という条件で受け入れられた。奇想の天才でありながら、人間味に溢れる神谷に徳永は惹かれていき、神谷もまた徳永に心を開き、神谷は徳永に笑いの哲学を伝授しようとする。

火花 (小説) - Wikipedia

 

 

お笑い芸人ピースの又吉が書いたことで一躍有名になりました。

 

売れない芸人の人生を描いたエンタメ青春小説となっています。

 

タイトルの火花は芸人そのものを表現しているのかもしれません。儚く散るといった感じで。

 

又吉らしいお笑い哲学がいくつも出てきて、最後はちょっぴり感動しました。

 

 

死んでいない者/滝口悠生

f:id:highball_koyuki:20161229125901j:plain

 

ひ孫までいる、大往生を遂げた男の通夜に集まった30人余りの親戚一同。故人の兄弟、息子・娘それぞれの家族、故人の幼馴染み。死者を悼むという同じ目的の場に会しながら、それぞれが共有し得ない日常と価値観を内包する様を、非日常という舞台で紡ぎ出し、滝口氏らしいリズムのある文体で描いた作品だ。

【書評】滝口悠生『死んでいない者』 第154回芥川賞受賞作! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

 

 

葬儀に集まる死んでいない者たち(親戚一同)の物語。子供からお年寄りまで幅広い年代の人物が登場します。 

 

会話文に「」が全く使われていなく、地の文のような形で表記されています。最初読んだとき何でだろう?と思いましたが、独特なリズムになっているんだと理解できました。

 

一風変わった小説です。

 

 

流/東山彰良

f:id:highball_koyuki:20161229130141j:plain

 

 青春は、謎と輝きに満ちている―― 台湾生まれ、日本育ち。「このミス!」出身の異才が、初めて自らの血を解き放つ! 何者でもなかった。ゆえに自由だった――。1975年、偉大なる総統の死の翌月、愛すべき祖父は殺された。無軌道に生きる17歳のわたしには、まだその意味はわからなかった。大陸から台湾、そして日本へ。謎と輝きに満ちた青春が迸る。超弩級の才能が紡ぐ、友情と恋、復讐と死、一家の歴史、人生、命の物語。

東山彰良 第153回直木賞受賞作『流』特別インタビュー! - 電子書籍はeBookJapan

 

 

台湾を舞台にした青春ミステリーです。

 

タイトルの『流』という意味が、読み終わった後の胸につきささり、感動と幸福を得られると思います。

 

とても良い作品でした。映画になったら絶対に見たいです。

 

 

サラバ!(上・下)/西加奈子

f:id:highball_koyuki:20161229130226j:plain

 

今を時めく「西加奈子氏」の作品であり、第152回直木賞受賞作品。

著者初の「長編小説」として、主人公「歩(あゆむ)」の半生を描いている。作品の舞台のイラン、大阪、エジプトは著者が実際に歩んできた場所でもある。

家族の紐帯とは?友情とは?そして常に一歩引いた第三者的傍観者であろうとする「現代日本人」へ強烈に問いかけてくるスケールの大きな作品に仕上がった。

【書評】西加奈子著『サラバ!』第152回直木賞受賞作品!! あらすじ・感想・レビュー - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

 

 

 

良い子に育ち過ぎた主人公を描いた物語。生きづらさを感じている人を励ましてくれる作品です。

 

上下巻で長編ですが、次のページに行くのがワクワクして読書の面白さを味わえます。

 

ちなみに、ピースの又吉はこの作品を見てから本格的に火花を書いたそうです。

 

この作品は、人に良い影響を与えるような内なるパワーが秘められているのかも…。

 

 

コンビニ人間/村田沙耶香

f:id:highball_koyuki:20161229130252j:plain

 

 ヒロイン古倉恵子は三十半ばだが、正規の就職をせずに大学時代に始めたコンビニのアルバイトを続けており、恋愛経験も皆無であった。子供の頃から普通ではないと思われていた古倉は、周囲の人たちの真似をしたり妹の助言に従ったりすることによって常人を何とか演じ続けてきたが、加齢によりそのような生き方も限界に達しつつあった。

コンビニ人間 - Wikipedia

 

 

大卒にもかかわらず、コンビニのバイトを18年続けている独身女性の物語です。

 

コンビニで働いているときだけ普通の人間になれる不思議な主人公。私生活になると一気に変人になり、世間から冷たくあしらわれます。

 

彼女の考えは本当に世間とズレてるのか?

とにかく、面白すぎる!こんなに面白い小説は初めて読みました。おすすめです。

 

 

以上、

 

『最近話題になった本ベスト5』を紹介しました!

 

読んでみたい作品があればぜひ、書店へ探しに行ってみてください。

 

 

今回の記事はいかかでしたか

f:id:highball_koyuki:20161227130205j:plain

 

 

お役立ち記事を作成しています。

 

読者登録してもらうと更新の励みになりますのでよろしくお願いします。