田舎でのんびり暮らすブログ)

田舎でのんびり暮らすブログ

大分県に住む28歳がのんびりライフをお届け

今日の気になったニュース、銀行が好きだ

スポンサーリンク

 

 

f:id:highball_koyuki:20181111112220j:plain

 

 

こんにちは、ハイボール小雪です。

 

今日は日曜日なので仕事は休みです。

 

9時に起床してブログを更新しています。

 

 

今日の予定は、彼女と豊後高田市へドライブをして、真玉海岸の夕日を見てから帰るということになっています。

 

 

(2018年11月11日)今日の気になったニュース

 

ゆうちょ預入限度額 倍増検討

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

ゆうちょ銀行の預入限度額が、1300万円から2600万円へ倍増されることが検討されています。

 

(ゆうちょ銀行には預入限度額があることを初めて知りました…。)

 

なぜ、倍増の検討がされているのか?

 

退職金などを預けるときに1300万円では不十分である、との声が地方であがっているからです。

 

僕だったら2600万円あれば、ゆうちょ銀行よりも金利が高い銀行へ分散して預けると思います。

 

ゆうちょも他の銀行も、万が一つぶれたとして、1000万円とその利息分の預金しか保障していないからです。

 

これを預金保険制度といいます。

 

預金保険制度:金融庁

 

1つの銀行に1000万円以上のお金を預けるよりも、分散して預けておく方が良いような気がします。

 

 

ちなみに、ゆうちょ銀行の通常貯金の金利はいくらあるのか?

 

 

金利一覧-ゆうちょ銀行

 

 

ゆうちょ銀行の通常貯金の金利は0.001%です。

 

1000万円を1年間預けて受け取れるお金は、税金を考慮しなければ、100円です。

 

銀行にお金を預けて利子を受け取ることを『不労所得』と呼びますが、いくらなんでも100円は安すぎる気がします。

 

 

一方、ネット銀行に1000万円を預けてみるとどうでしょうか。

 

大手ネット銀行の楽天銀行の金利は、0.1%です。*1

 

この場合の利子は、税金を考慮しなければ、1万円受け取れます。

 

 

 

ゆうちょ銀行に預けるよりも、ネット銀行に預けておく方が、はるかに金利が高いのです。

 

でも、安心感という点でネット銀行は劣ります。

 

ネット銀行のリスクを取って多くの利子を受け取るか、信頼と安全のゆうちょ銀行などにお金を預けてわずかな利子を受け取るか、

 

その判断は個々人の自由です。

 

 

P.S 利子の計算はとっても簡単

 

利子の計算は簡単です。

 

①自分が預けている銀行の金利をホームページなどでチェック

②電卓を用意

③預けているお金×金利(%)=利子

 

これで利子が分かります。

 

(例)

 

・50万円×0.1%=500円

・800万円×0.2%=16,000円

・1000万円×0.001%=100円

 

 

今回のブログでは銀行の話をしました。

 

僕は銀行が好きです。

 

今月の22日から東京へ行くので、どんな銀行がどんな立地で営業しているのか散策してみようと思っています。

 

楽しみです。

 

 

 

 

*1:マネーブリッジという楽天証券と楽天銀行を連携させた場合の金利。