田舎でのんびり暮らすブログ)

田舎でのんびり暮らすブログ

大分県に住む28歳がのんびりライフをお届け

僕は小学生の頃、ホームランを狙う瞬間がたまらなく好きだった

スポンサーリンク

 

f:id:highball_koyuki:20190118223022j:image

 

 

こんばんは、大分県に住む田舎ブロガ―のハイボール小雪です。

 

本日2度目の更新です。

 

 

僕は小学生の頃、ホームランを狙う瞬間がたまらなく好きだった

 

僕はいつの頃からか野球が好きになりました。

 

小学校の休み時間は10分でも20分でも運動場に出て野球をしていました。

 

あのバッターボックスに立ってホームランを狙う瞬間がたまらなく好きだったのです。

 

ホームランを打てれば気分が上がりますし、チームメイトからは喜ばれる。

 

 

ホームランを打つ感覚がやみつきになり地元の少年野球クラブに所属しましたが、小学校を卒業するまでクラブでは1本もホームランを打つことができませんでした。

 

当時所属していた少年野球クラブの方針はホームランよりも地を這うようなボールを打ち、一生懸命にファーストベースを駆け抜けることが良しとされていました。

 

僕の目的のホームランを打つということとは全く逆の方針だったわけです。

 

あれほど好きだった野球も、試合があるたびに、明日雨が降って中止にならないかな…と思うようになりました。

 

 

ホームランを狙いたい

 

泥臭い試合をして、ファーストベースにヘッドスライディングする姿を保護者たちは求めていたのかもしれませんが、僕はどうしてもアッパースイングのホームランを打ってみたかった。

 

今でもブログを書き続けているのはホームランを狙っているような節があります。

 

いつか話題にのぼってみたいという思いがあります。

 

 

これからも若輩者ながらホームラン級のブログを目指して書いていきたいです。

 

 

ハイボール小雪でした(^^)

 

読者登録してもらうと更新の励みになるのでよろしくお願いします。